WEBサイト制作

WordPressのバージョンをプラグインひとつでダウングレードする方法

イメージ

WordPressの利用者は、セキュリティの観点からも定期的に使っているWordPressをアップデートすることが必要です。

ただ、いざアップデートした後に、

  • 最新バージョンがどうにもこうにも使いづらい・・・
  • 最新バージョンがリリースされたばかりで不具合発生
  • 利用中のプラグインがWordPressの最新バージョンに対応していなかった

といったこともあります。

今回は、そんなときに役立つ「WP Downgrade」というプラグインを使ったWordPressのダウングレード方法をご紹介します。ダウングレードというとハードルが高そうですが、このプラグインを使うととても簡単に実現できます。

ダウングレード方法には、FTPソフトを使った方法がありますが、サーバーに直接アクセスすることに慣れていない方は、プラグインを使ってダウングレードするのがおすすめです。

WordPressをダウングレードする前に

WordPressは、セキュリティの観点から最新バージョンに保つことをおすすめします。

ただ、どうしてもさまざまな原因で以前の状態に戻したいときは、ダウングレードを試してみてください。ダウングレードは、あくまで一時的な対応策になります。

またダウングレード前に、念のためデータのバッグアップをとっておくと安心です。

「WP Donwngrade」プラグインをインストールする

プラグインをインストールしいきます。

「プラグイン」「新規追加」をクリックし、キーワードに「WP Downgrade」を入力します。

プラグインをインストール

「WP Downgrade」の「今すぐインストール」をクリックします。

プラグインを有効化

インストールが完了すると「有効化」ボタンが表示されます。「有効化」をクリックします。これでプラグインが利用可能になります。

ダウングレードするバージョンをセットする

セッティング画面へ

プラグイン一覧画面で「WP Downgrade」の「Settings」をクリックします。設定画面に移動します。

戻すバージョンを指定する

WordPress Target Version:戻したいバージョン
Current WP Version:現在インストールされているバージョン

「WordPress Target Version」に戻したいバージョンの数字を入力して、「変更を保存」をクリックします。

メモ
WordPressのバージョンは公式サイトのこちらで確認ができます。あまり古すぎるものはセキュリティの観点からもおすすめしません。直近のなかで戻したいバージョンを指定してください。

ダウングレードへ

変更が保存されたら「Up-/Downgrade Core」をクリックします。再インストールする画面へ。

旧バージョンをインストールする

ダウングレードバージョンのインストール

先ほど指定した旧バージョンの数字が表示されたボタンがあります。
「再インストール」をクリックしてインストールを実行します。

ダウングレードの完了

旧バージョンにダウングレードすることができました。

最新バージョンを再度インストールする

旧バージョンに戻した後、再び最新バージョンをインストールする際は、プラグイン一覧画面から「WP Donwngrade」プラグインを無効化します。このプラグインがもう不要の場合は削除も行ってしまいましょう。

無効化

これで最新バージョンのインストールが可能になります。


WordPressのアップデートは、不具合が起こらないかなど、けっこう不安があります。アップデートした後に元に戻す方法があることを知っておくだけで、その不安が少し減るかもしれません。

Share