WEBサイト制作

WordPress プラグインを旧バージョンに戻す方法(ダウングレード)

イメージ

「プラグインを更新したら、サイトの挙動がおかしくなってしまった!
プラグインを以前のバージョンに戻せたら…」

今回はプラグインのバージョンをダウングレードさせる方法をご紹介します。

プラグインをダウングレードする前に

プラグインは、セキュリティの観点から最新バージョンに保つことをおすすめします。
ただ、どうしてもさまざまな原因で以前の状態に戻したいとき、プラグインのダウングレードを試してみてください。ダウングレードは、あくまで一時的な対応策になります。

プラグインをアップデートして不具合が起きたら・・・

  • プラグイン自身にバグがある。
    ⇒修正版を待ちましょう。
  • プラグインの設定やショートコードが新しくなり、今までの設定・書き方ではサイトに表示されてなくなってしまった。
    ⇒サイトやページの設定・書き方を見直しましょう。

プラグインの旧バージョンをダウンロードする

管理画面メニューの「プラグイン」で、インストール済みのプラグイン一覧を表示します。ダウングレードさせたいプラグインの「詳細表示」をクリックします。

プラグインの詳細表示

プラグインの解説画面が表示されます。

プラグインページへ

「WordPress.org プラグインページ」をクリックします。

プラグインの詳細表示

「詳細を表示」をクリックします。

旧バージョンのダウンロード

ページの下部にスクロールしてください。
「開発バージョン」で戻したいバージョン(今まで使っていたバージョン等)を選び、「ダウンロード」をクリックします。(デスクトップなどに保存してください)

世代管理されているので、ひとつ前のバージョン、さらにもっと前のバージョンなど、好きなものを選ぶことができます。ただし、あまり古すぎるバージョンだと、お使いのワードプレスのバージョンとの互換性に問題が生じる場合があります。基本的には直近のバージョンを選択してください。

インストール済みのプラグインを削除する

ダウンロードしたプラグインをインストール・有効化する前に、いま使っているプラグインを削除します。

プラグインの無効化

管理画面メニューの「プラグイン」へ。
該当のプラグインの「無効化」をクリックしてください。

プラグインの削除

無効化されると「削除」ボタンが表示されるのでクリックします。
これで削除完了です。

ダウンロードした旧バージョンのプラグインをインストールする

それでは、ダウンロードした旧バージョンのプラグインをインストールしていきます。

プラグインの新規追加

「プラグイン」「新規追加」をクリックします。

インストールするファイルを選択

「プラグインのアップロード」をクリック。
「ファイルの選択」ボタンが表示されるのでクリックします。ここで、先ほどダウンロードしたファイルを選択します(デスクトップなどに置かれたファイルを選択)。

メモ
ファイルはzipファイルになっています。解凍はせず、そのまま選択してください。

今すぐインストール

「今すぐインストール」をクリックします。

プラグインの有効化

「プラグインの有効化」をクリックし、有効化します。

完了画面

プラグインの画面で、バージョンを確認してみてください。旧バージョンの番号が記載されていると思います。

これで、旧バージョンのプラグインに戻すことができました。


プラグインを古いバージョンに戻す機会はそうそうないと思いますが、いざ不具合が起こった際、こういった方法があることを知っていると、少し冷静に対処できるかもしれません。

Share