WEBサイト制作

WordPressの記事を複製(コピー) プラグイン「Duplicate Post」が便利!

イメージ

WordPressの記事を簡単にコピーできるプラグイン「Duplicate Post」をご紹介します。シンプルで使い勝手も良く、おすすめのプラグインです。

「Duplicate Post」プラグインのインストール

プラグインをインストールしいきます。

「プラグイン」「新規追加」をクリックし、キーワードに「Duplicate Post」を入力します。「Duplicate Post」の「今すぐインストール」をクリックします。

プラグインのインストール(イメージ)

インストールが完了すると「有効化」ボタンが表示されます。「有効化」をクリックします。

プラグインの有効化(イメージ)

これでインストールは完了です。特に細かな設定をしなくても、これで複製(コピー)機能をすぐに使うことができます。シンプルでいいですね。

「Duplicate Post」の設定

インストールされると「設定」メニューに「Duplicate Post」が追加されます。こちらをクリックすると設定画面に遷移します。「プラグイン」>「Duplicate Post」>「設定」と進んでも同じ画面に遷移します。

プラグインの設定(イメージ)

「Duplicate Post」の設定画面です。

DuplicatePostの設定(イメージ)

「複製元」タブの設定です。
赤枠の箇所で、記事を複製するときに具体的に何をコピーするかを選択します。特に指定がなければ変更する必要はありません。

「タイトルの接尾辞」に例えば「(コピー)」と入れると、複製したときにタイトルの最後尾に「(コピー)」と追加されます。

DuplicatePostの設定(イメージ)

「権限」タブでは、複製する人を指定できます。複数人でWordPressを管理している場合などに用います。こちらも特に指定がなければ変更する必要はありません。

記事を複製(コピー)する

投稿・固定ページ等で、記事タイトル付近にマウスをもっていくと、いくつか編集メニューが表示されます。「Duplicate Post」のプラグインをインストールすると、ここに「複製」が加わります。

記事の複製(イメージ)

「複製」をクリックすると、記事がコピーされます。(コピーされた記事は、一番最新の投稿として追加されます)

まとめ

記事を簡単に複製(コピー)できる「Duplicate Post」のプラグインをご紹介しました。日記系の記事の場合はあまり過去の記事をコピーするケースは少ないかもしれませんが、企業サイトの投稿・固定ページなどは、複製機能は重宝するかもしれません。このプラグインは、使い方がとっても簡単なのがグッドです。

ちなみに。「プラグインは使いたくない!」という方は、プラグインを使わないこちらの方法を参照してみてください。

Share